オフィスの廊下
企業理念

私たちの仕事は、インターネットショップ、ドラッグストアの運営を通じてお客様に”夢”を提供し、豊かで楽しい暮らしづくりのお手伝いをする。

その先にあるお客様の利益を実現させるため、すべてのサービスを提供し、全てのお客様に喜ばれる企業でありたいと考えます。

社  訓
  1. 常にチャレンジ、成長すること。

  2. インターネットで日本を元気にすること。

  3. 若者の力で地域貢献すること。

  4. コミュニケーションを大切にすること。

  5. 夢を大切に、目標を立て、日々前進すること。

概  要

屋 号

株式会社NEXLINE〈ネクスライン〉

運営ショップ名

代 表

 小山 雅樹

所在地

〒950-2001 新潟県新潟市西区浦山2丁目1番5号 日星ビル1F

所在地

電話 / FAX

創 業

2015年 8月 23日

事業内容

ドラッグストア インターネット販売  代理店事業

許認可

古物商、店舗販売業許可

店舗の管理および運営に関する事項

許可の区分 店舗販売業
氏名   小山 雅樹
名称   たいようドラッグ
許可証の記載事項所在地 新潟県新潟市西区浦山2丁目1番5号

許可番号 新市 第260号
有効期限  令和元年5月23日から令和7年5月22日
管理者の氏名  田中 和香子(登録販売者)

勤務する薬剤師の氏名及び担当業務
田中 和香子(医薬品販売[店頭及び特定販売]・情報提供・相談・在庫管理)

勤務状況
月、火、水、金、土曜日 午前 11時〜13時、午後 14時〜17時 登録販売者 田中 和香子

取り扱う要指導医薬品及び一般用医薬品の区分
指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品

勤務する者の区別
薬剤師は氏名と「薬剤師」を記した名札と白衣を着用
登録販売者は氏名と「登録販売者」を記した名札と白衣を着用
その他従業員は清潔な服装と名札を着用

営業時間
月、火、水、金、土曜日 午前 11時〜13時、午後 14時〜17時
(定休日:木・日・祝日)(盆、正月は別途記載)

営業時間外で相談できる時間
時間外での相談はお受けできません

営業時間外でご注文のみ受付する時間
インターネットにて24時間受付しております

相談を受ける時及び緊急時の連絡先 たいようドラッグ
TEL:025-378-2886

医薬品の使用期限について
使用期限まで6ヶ月以上あるものを販売いたします。

要指導医薬品及び一般用医薬品(OTC)の販売制度に関する事項

医薬品の区分と販売制度について

定義及び説明
要指導医薬品

・新医薬品等で、安全性に関する調査期間中の医薬品
・毒薬及び劇薬のうち厚生労働大臣が指定する医薬品

 

第1類医薬品

・特にリスクの高い医薬品
指定第2類医薬品

リスクが比較的高く、特に注意を要する医薬品
第2類医薬品

・リスクが比較的高い医薬品
第3類医薬品

・リスクが比較的低い医薬品

表示
要指導医薬品

・要指導医薬品
第1類医薬品

・第1類医薬品
指定第2類医薬品

・第2類医薬品又は第 2類医薬品
第2類医薬品

・第2類医薬品
第3類医薬品

・第3類医薬品

 

一般用医薬品の販売サイト上での表示解説
指定第2類医薬品

・指定第2類医薬品
第2類医薬品

・第2類医薬品
第3類医薬品

・第3類医薬品

対応する専門家
要指導医薬品

・薬剤師
第1類医薬品

・薬剤師
指定第2類医薬品

・薬剤師又は登録販売者
第2類医薬品

・薬剤師又は登録販売者
第3類医薬品

・薬剤師又は登録販売者

情報提供
要指導医薬品

・義務(書面等で)
第1類医薬品

・義務(書面等で)
指定第2類医薬品

・努力義務(服用してはいけない人や使用について注意すること等の情報提供を受けてください。)
第2類医薬品

・努力義務
第3類医薬品

・規定なし

陳列方法
要指導医薬品   

・薬剤師が対面で情報提供するため、お客様が直接手に取れない陳列となります。
・ご希望のお客様はスタッフにお申し付け下さい。また、専門家が不在の場合は、医薬品売場を閉鎖します閉鎖時に販売できません)。

第1類医薬品

・薬剤師が対面で情報提供するため、お客様が直接手に取れない陳列となります。
・ご希望のお客様はスタッフにお申し付け下さい。また、専門家が不在の場合は医薬品売場を閉鎖します(閉鎖時に販売できません)。

指定第2類医薬品

・専門家が在籍するカウンター等から7m以内に陳列し、情報提供の機会を高めます。

第2類医薬品

・区分ごとに分けて陳列をします。
第3類医薬品

・区分ごとに分けて陳列をします。

相談があった場合の対応
要指導医薬品

・義務(全ての医薬品に対する相談に対応しています。)

第1〜3類医薬品

・義務(全ての医薬品に対する相談に対応しています。)

 

医薬品による健康被害救済制度について

万が一、医薬品による健康被害を受けた方は「医薬品副作用被害救済制度」が受けられます。(一部救済が受けられない医薬品・副作用があります。)
救済認定基準や手続きについては、下記にお問合せ下さい。
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.pmda.go.jp/relief-services/adr-sufferers/0020.html
救済制度相談窓口 0120-149-931(フリーダイヤル)
9:00〜17:00(月〜金 祝日・年末年始除く)

 

個人情報の適正な取り扱いを確保するための措置

販売等にあたり、知り得たお客様の個人情報は、
個人情報の保護に関する法律に従い適正に取り扱います。

お電話でのお問合せは

025-378-2886

月〜金 9:00〜17:00

メールでのお問合せは

株式会社NEXLINE〈ネクスライン〉

株式会社 NEXLINE〈ネクスライン〉

〒950-2001 新潟県新潟市西区浦山2丁目1番5号 日星ビル1F

info@nexline.co.jp

TEL:FAX 025-378-2886